どうしても急な用事でお金が必要になっても、手元になかった時にキャッシングでお金を借りたことがあります。

キャッシングは最初は怖い不安そんなイメージばかりありましたが、

それでも借りるしかなかったのでキャッシングしました。

それから数日後に給料が入ったのでキャッシングで借りたお金を返済するときにもちろん利息があったのですが、

借りる時にすごく困っていて借りたことでものすごく助かったので仕方のないことだとも思いましたし、

そこまで驚くような利息でもなかったので大変助かりました。

今でも、どうしても困ったときは少しだけの金額をキャッシングで借りることがあります。

それでも給料日で返せる範囲でしか借りないと決めているので生活する上でとても助かっています。

キャッシングは怖い不安のイメージしかなかったけど、

自分が借りてきちんと返すことでそのイメージはなくなりました。

自分でしっかり管理して返せればキャッシングは怖くないし不安になることもなく、

生活を助けてくれると思います。

プロミスは消費者金融なので金利が高く設定されています。最高金利が17.8%で他の消費者金融の18%よりかは0.2%低くなってはいますが、銀行カードローンの14~15%に比べるとやはり高いです。そのため利息も多く付いてしまうので返済の時の手数料というのはなるべく減らしていきたいものです。

プロミスの返済方法は店頭窓口、プロミスATM、銀行振込、口座振替、提携ATM、インターネットから返済があります。この中で手数料を取られてしまうのは銀行振込と提携ATMです。銀行振込の場合は利用する銀行によって異なってきますが、プロミスと提携している三井住友銀行を利用しても手数料が100円かかってしまいます。他の銀行で多い時には400円かかってしまうのでこの返済方法はなるべくしないようにした方がいいでしょう。

プロミスと提携するATMは複数ありますが利用すると100~200円かかってしまいます。コンビニで買いものした時についでに返済するなど便利ではありますがやはり手数料を取られるとなるとこの返済方法もしないようにした方がいいかもしれません。しかし三井住友銀行のATMだけは手数料が無料なので提携するATMで返済するなら三井住友銀行のATMを利用するようにしましょう。

返済は1回だけではなくて複数回に渡るのでそのたびに手数料は取られてしまいます。手数料1回分の金額は大したことはありませんが、何回も支払っていると金額も大きくなってしまいます。手数料はなるべくかからないような返済方法を選んでいくといいでしょう。

キャッシングサービスの利用者への過剰なキャッシングを防ぐ目的で作られたのが総量規制というルールであり、このルールが制定されたことで、キャッシングサービスの利用者は年収の3分の1を超えるキャッシングが不可能となりました。

しかしこの総量規制と言うのは全てのキャッシングサービスが対象となるわけではありません。総量規制の対象となるのは主に消費者金融・信販会社・クレジット会社からのキャッシングとなっているのです。

つまり似たようなサービスとして比較されることの多い、銀行のカードローンは総量規制対象外となり、銀行が認めてくれれば年収の3分の1を超えるキャッシングも可能となるのです。

また自動車ローンや住宅ローンなども総量規制対象外となるので覚えておくと良いでしょう。

確かにおまとめローンは利用することができれば大きなメリットを享受することができる金融商品といえます。

しかし、おまとめローンには大きな落とし穴が二つあると言ってもいいのです。

まず一つ目にはおまとめローンを利用するには通常のキャッシングの審査よりもさらに厳しい審査を通過しなければ利用できません。審査に通らなければおまとめローンの利用はできないので、メリットがどうという話は最初からなくなってしまいます。

二つ目にはおまとめローンを利用できたとしても必ずしも借入の総返済額が減るとは限らないということです。おまとめローンを利用する前に返済シュミレーションなどでしっかりと総返済額と返済期間の関連を調べておくべきでしょう。

キャッシングの融資枠の増額を申し込むときは、いつが良いのかを迷われる方は結構いらっしゃいます。

基本的にキャッシングは収入に応じた融資枠が決まっているので、じぶんが希望する額の融資を受けられないというケースが良く起こります。

そんなときには、複数のキャッシング会社を併用しながらお金を借りるということがよく行われるのですが、会社によっては返済の日が違っていたりするため、お金の準備をするのが大変だったりします。

複数のキャッシング会社を利用していると、リボ払いで返済をしている時には、会社分の最低返済額を用意しないといけなくなるため、非常に圧迫されるという部分があります。

そういう使い勝手をよくするために、キャッシングの増額を申し込んで、会社を一本化したいというニーズが出てくるわけです。

基本的には、1年から2年程度の利用の間に申し込むと確実です。もちろん、この間に返済が滞ることがないようにしておきましょう。

信用がしっかりおけるという部分が分かってから、増額が決まるわけで、返済が不安定な場合にはやはり増額も通らなくなります。

多くのキャッシング会社のホームページ上には増額申し込みのページが用意されているので、そこを参考にして申し込むと簡単です。

キャッシングの利用を考えたことがある人なら、総量規制という言葉を聞いたことがあると思います。総量規制とは、多重債務者をなくす目的で定められた法律による規制で、この規制により借りることのできる額は年収の三分の一までとなっています。消費者金融で融資を受ける場合は基本的にこの規制の範囲内でなければなりません。

しかし銀行から融資を受ける場合には総量規制の対象外となっているので額を気にせず借りることができます。では銀行の方が良いのかというと一概にそうとは言えず、大抵は銀行の方が審査が厳しいです。消費者金融は審査が簡単で、申し込みから審査、融資を受けるまでがわずか数時間で住んでしまうことも珍しくありません。

また金利については銀行の方が圧倒的に低く、消費者金融は限界まで上げてくることも多いです。つまり銀行は、厳しい審査によって相手を厳選するため高額を低金利で貸すことができ、消費者金融は素早く簡単な代わりに、少額になってしまうということです。

しかしこれは借りる側に選択肢が増えたと捉えることもできます。大きな額を借りたい場合は事前に準備して銀行へ、急にまとまった額が必要になった時はネットなどから消費者金融へ申し込む、といった感じです。双方の特徴を理解して利用すればデメリットが気にならなくなることもあるのです。

キャシングによりお金を借りました。その額は150万円です。そして毎月の返済日に決められた額を返済しています。そして、毎月決められた額だけを返済していてはいつまでたっても借金がなくならないと思い、さらにプラスアルファで返しています。そして明細を毎月確認するのですが、利息というのは恐ろしいなと思います。

先日は5万円ほど返済しました。しかし明細を見ると5万円減っていません。4万2千円ぐらいが減っていました。差額の8千円は利息ということでしょうか。一生懸命節約して返済したのに、ほぼ1万円が利息として引かれてしまう現状にとてもガッカリした気持ちになりました。利息の計算というのはどうなっているのだろう。考えても調べても今一つわかりません。

でも確実に多くの利息が引かれています。そんな現実を目にすると、本当にいち早く完済したいと思ってしまいます。借りたのは150万円です。それを返すのにいったいいくら必要なのでしょうか。200万円ぐらいは覚悟が必要なのでしょうか。そうすると50万円は利息として引かれることになるのでしょうか。50万円を捨てるようなものなのでしょうか。もちろん借金をした私が悪いし、そのピンチを救ってくれたキャッシングには感謝します。

しかし、頑張ろうと思っている私にとって、この50万円にも及ぶ利息はあまりにも大きすぎます。しかし、返済するしか解決策はありません。本当にもう1日でも早く完済してやろうと、毎月の返済日に思う私でした。

私はお買い物をすることが大好きです。それは安くてチープな掘り出し物を探すことも好きですし、骨董品屋アンティークを探すことも大好き、また人気の或るブランド物も大好きです。私はファッションに関する仕事をしているので、余計にそのような品物に興味があるのでしょう。そして欲しいなと思うと買わずに入れらないのです。

でも働いても、それによって得られるお給料って決まっていますよね。それを超える買い物ばかりしていると今度は返済が大変になることはわかっているのです。そのために、私はキャッシングの限度額を低めに設定しています。通常設定する額としては50万円程度が一番多いとキャッシングのカードを作るときに聞きました。50万円程度あると、月々の買い物で足りないことはほとんどないとも。

しかし、50万円も買い物でキャッシングをすると返済がきちんとできるでしょうか?私には、できそうにありません。そのために限度額を低く設定しているのです。そしてその低く設定していることで、自分の買い物欲にも制限をかけているのです。

誰でも自分のお金の範囲で買い物して、キャッシングはしない方が良いということはわかっていることでしょう。利息なども取られますから。でも我慢できない人は限度額を下げるということもおすすめです。

消費者金融でのキャッシングは即日融資に対応していることが多く、急ぎでお金を借り入れるにあたって非常に便利な存在です。

最近の消費者金融はインターネットからのお申し込みであっても、即日融資が可能というケースも珍しく有りません。

免許証やパスポートなどをアプリで読み取らせたり、メールで送信をすれば、本人確認が完了するので、何らかの書類を郵送したり記入したりする手間もかからずインターネットからの契約はスマホを持つ人にとっては大変便利であると言えます。

急な冠婚葬祭や急病などの際でも、担保や保証人や特別な書類を用意する必要性もなく、思い立った時に手軽に申し込みを行うことができるので、消費者金融はキャッシングの手段として極めてメジャーな存在でもあります。

即日でのお借り入れを行うにあたっては、インターネットからの申し込みであればお昼前後までには申し込んでおくとスムーズです。

自動契約機や窓口へ行く場合であれば、夕方であっても即日融資に対応してもらえるケースも多く安心です。

キャッシングやカードローンを利用する時に注目したいのがサイトの使いやすさです。

お金を借りすぎず、賢く利用するためには、今どれくらい借りているかを常に把握することが重要ですが、ネットで今の借入額が分かりやすい方が便利です。そのため、ネットで申込みをする画面が使いやすかったり

分かりやすかったりするサイトは借りたときにも使いやすいことが多いです。

また返済のしやすさを考えるときにはATMがどれだけ無料で使えるかも一つもポイントです。
利息をあまりかさませずに、返済を続けるには、こまめにお金を返していくことが大切になります。

お金に余裕ができたら月に1回の返済でまとめて返すのではなくて、その都度返済して行くわけです。

しかしながら、返済のときにATM利用料が発生してしまうと利息よりも多くの金額を支払うことになりますからあまり意味がありません。
その点、ATMの利用が融資のときも返済のときも0円で利用できるキャッシング会社を選択することによって、

利息を最低限の状態に保つことができるようになります。利息は日割りで発生して行くものですから、今日返した方が確実に安くお金を借りることができます。年間で換算すると数千円くらいの節約ができるケースもあります。